ほぼ日「ちいさな田んぼキット2016」を育ててみよう

ほぼ日刊イトイ新聞

ほぼ日「ちいさな田んぼキット2016」を育ててみよう

あおむしくらぶ+ほぼ日 ちいさな田んぼキット

こんにちは。ごはんフェスを企画プロデュースするhonshokuの代表平井巧です。

毎回ごはんフェスに参加いただいている「ほぼ日刊イトイ新聞」(「ほぼ日」)さんから、今年も「ちいさな田んぼキット」が販売されました。

写真 1

自宅でだれでも福島産のお米を栽培できるキットが「ちいさな田んぼ」。ごはんフェスを企画するものとして、これはやらないワケにはいかない!

でもじぶんひとりでお米を育てるよりも、育てる過程でその気持ちをわかち合いたいから(さびしいしね)、ごはんフェスに協力してくれる人たちに声をかけ、いっしょにお米を育てる楽しさに、つき合ってもらうことにしました。

このキットで収穫できるお米の量は「お茶碗一杯分」だけど、秋までちいさな田んぼといっしょに過ごす生活は、収穫量以上にきっとおもしろいことになると妄想し、ワクワク中。

いっしょにお米栽培に挑戦するメンバーは、「小池精米店」三代目の小池さん、おむすび出張専門「山角や」の水口さん、「信級玄米珈琲」プロデューサーの柳瀨さん、フリーランスライターの柏木さん。

各自で育てながら、ときどきレポートをしていきます。たまにほぼ日さんでも、レポートが掲載されるかも。

「あおむしくらぶ+ほぼ日 ちいさな田んぼキット」の詳細はこちら

 

IMG_9609